ホーム > 後期研修医 > 循環器内科

循環器内科

研修の目的・特色

1.豊富な症例を経験できる。

当科は東播磨医療圏の循環器疾患をカバーしており、地域の中核病院としての役割を担っている。そのため、豊富な症例数があり、さまざまな循環器疾患の診断治療を経験することができる。

2.救急患者への対応が習得できる。

当科は24時間365日の受け入れ体制をとっており、急性冠症候群、CPA、重症心不全など様々な循環器救急の受け入れを行っており、救急科との連携にて循環器救急をしっかり学ぶことができる。

3.各種検査が習得できる。

心エコー、負荷心筋シンチ、心臓CT、心臓カテーテル検査などといった循環器疾患の診断に必要な検査手技は各専門医がマンツーマンでの指導にあたり、当院においては、こういった検査手技を習得できる。

4.各種治療法の習得ができる。

当科はカンファレンスを通じ各患者にとって最も有効かつリスクの少ない治療法を検討し提供している。薬物治療はもちろんのこと、カテーテル治療、デバイスの植え込み、アブレーション、心臓リハビリテーションの導入といった様々な治療法の実践、指導を行っている。

5.先端技術を体験できる。

当科においては、本邦2台目となるマグネティックナビゲーションシステムによるカテーテルアブレーション治療を行っており安全と低被ばくを実現している。また、心臓外科、臨床工学士など様々な職種でハートチームを形成し大動脈弁狭窄症に対するTAVIを行っている。

6.成人先天性心疾患を経験できる。

先天性心疾患に関し、小児循環器科・小児心臓血管外科と協力し移行期医療を実践し15歳となれば循環器内科でフォローを行うようにし成人先天性心疾患診療も行っている。

マグネティックナビゲーションシステム(↑クリックすると特設サイトが開きます)

バイプレーン血管造影装置


週間スケジュール

↑Clickで大きな画像(PDF)が開きます。



①毎日、朝8:00よりカンファレンス、レクチャーあり
②週に2単位の救急外来担当、6-8単位のカテーテル検査、不整脈治療、経食道心エコーを担当する。
③診断カテ、PCI、デバイス植込み、経食道心エコーは順次検査に入り専門医からの指導を受ける。習熟度に応じ術者になる。
④夜間、休日の緊急カテは交代で担当する。
⑤入院受け持ち患者は重症患者を含め6-8名を担当する。

稼働実績・診療実績

専攻医 実績件数(2017年度)

  研修医A 研修医B 研修医C 研修医D
ACS(急性冠症候群) 24 22 13 18
狭心症・陳旧性心筋梗塞 18 13 13 37
心筋症・弁膜症・心不全 52 45 36 33
頻脈性不整脈 28 9 6 7
除脈性不整脈 33 32 34 25
大動脈解離 1 6 3 3
その他 48 29 79 34

アンギオ室

ハイブリッド手術室(↑クリックすると特設サイトが開きます)


業績

学会・研究会・講演会

加古川西市民病院

加古川東市民病院

加古川中央市民病院

投稿論文

加古川西市民病院

加古川東市民病院

加古川中央市民病院

広報誌

つつじ(市民・患者さん向け広報誌)

平成28年05月発行号
「心臓血管センター」の特集を掲載しています。
平成28年11月発行号
「マグネティック ナビゲーションシステム」の記事を掲載しています。

後期研修医からのメッセージ

米原 昇吾(循環器内科 専攻医(加古川中央市民病院内科専門研修プログラム 内科専攻医)2019.10)

私は初期研修の2年間は他の市中病院で過ごし、現在は当院循環器内科で後期研修医としてお世話になっています。当科での研修を希望した理由は、循環器内科の中でも虚血性心疾患、不整脈、心エコー、下肢血管内治療などそれぞれの領域において、経験豊富な上級医の元で研修を受けることができると考えたためです。研修のシステムとしても、数か月単位で不整脈を学ぶ期間があったりと、幅広くかつ内容の濃い研修を受けることが可能です。実際に現在不整脈のチームで研修させて頂いており、丁寧に指導して下さる上級医と共に、集中的にアブレーションやデバイス手術に入ることで、確かな知識・経験を得ることができると感じています。
 また当院は地域の救急医療において中心的な役割を担っており、重症例を含め様々な疾患を経験することができ、緊急カテーテルも積極的に行っております。その分日々忙しく、大変な経験をすることもありますが、上級医の先生方や同期のサポートの元、非常に充実した研修を送ることができています。当院循環器内科での後期研修を選んで本当に良かったと感じています。

市川 靖士(循環器内科 専攻医 2017.10)

私は初期研修医として当院で2年間を過ごした後、そのまま引き続きお世話になっています。この病院に残ることを決めた大きな理由としては、当院での初期研修が充実したものであったが故に他なりません。
今は循環器内科志望ということでカテーテル検査や、あるいは救急当番、病棟主治医などといった業務を主に行っています。
当院は地域の中核病院として多種多様な症例が集まり、また、救急医療に関しても重要な役割を果たしています。そのため、我々若手医師にとって知識・経験を身に着けるにあたって最適な環境ではないかと思います。また、各分野にわたって経験豊富な上級医がたくさんおられることも非常に恵まれていると感じます。
日々、大変な思いをすることもありますが、それ以上に得難い経験をさせていただいており、後期研修医として非常に充実した毎日を送っています。

藤井 寛之(循環器内科 専攻医 2017.10)

私が当院循環器内科での研修を希望した理由は、様々な領域の専門の指導医がおり、様々な患者様をみることができると考えたからです。まだ半年しか経過していませんが、実に様々な患者様を担当させていただきました。今までで一番印象に残っているのは、PCPS管理されていた患者様を担当させていただいたことです。指導医に相談しながら全力で治療にあたり、その結果、元気に歩いて自宅退院する姿を見送ったときはとても感動しました。また、循環器疾患は命に関わる疾患であることが多く、患者様やご家族様の不安はとても大きいです。その不安をいかに取り除いてあげるかもとても大事です。そのようなことも指導医から学びつつ日々診療にあたっています。
当院の循環器内科の特徴としては、忙しいですがこのように非常に充実した生活を送ることができ、手技のみならず良き医療人となるための基礎を構築することができるということにあると思います。

 

 

スタッフ紹介

大西 祥男(おおにし よしお)

役職理事長
(兼)院長
(兼)教育支援センター長
(兼)遺伝子診療部開設準備室長
専門分野循環器疾患全般
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本内科学会評議員・近畿支部評議員
日本循環器学会認定循環器専門医
日本循環器学会近畿地方会評議員
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
日本不整脈心電学会評議員
日本高血圧学会認定指導医
日本医療マネジメント学会評議員
死体解剖資格医
日本医師会認定産業医
厚生労働省認定臨床研修指導医
神戸大学客員教授
医学博士

宇高 功(うたか いさお)

役職名誉顧問
専門分野総合内科
循環器疾患全般
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本高血圧学会認定指導医
日本体育協会認定公認スポーツドクター
日本医師会認定産業医
死体解剖資格医
医学博士

石川 雄一(いしかわ ゆういち)

役職医療監
専門分野総合内科
循環器疾患全般 
老年内科
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本老年医学会老年病専門医・指導医
日本高血圧学会認定指導医
日本医師会認定産業医
日本人間ドック学会人間ドック健診情報管理指導士
日本医療マネジメント学会評議員
日本保健医療福祉連携教育学会理事
日本動脈硬化学会 功労会員
厚生労働省認定臨床研修指導医
神戸大学名誉教授
医学博士

角谷 誠(かどたに まこと)

役職循環器内科 主任科部長
(兼)心臓血管センター 副センター長
専門分野心臓カテーテル検査
インターベンション・運動負荷検査
循環器疾患
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定専門医・指導医
厚生労働省認定臨床研修指導医
神戸大学医学部臨床教授
医学博士

本多 由佳(ほんだ ゆか)

役職循環器内科 医師
専門分野循環器内科、構造的心疾患
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本超音波医学会認定超音波専門医・指導医
SHD(Structural heart disease 構造的心疾患)心エコー図認証医
日本周術期経食道心エコー図認定医
日本人間ドック学会人間ドック専門医
日本医師会認定産業医
医学博士

岡嶋 克則(おかじま かつのり)

役職循環器内科 科部長
専門分野循環器疾患全般
不整脈
学会専門医・認定医日本内科学科総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
日本不整脈心電学会評議員
ICD/CRT 資格医
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

白木 里織(しらき りお)

役職循環器内科 科部長
専門分野循環器疾患全般
高血圧症
総合内科
老年内科
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本高血圧学会高血圧専門医
日本血液学会血液専門医
日本老年医学会老年病専門医
日本病院総合診療医学会認定医
日本医師会認定産業医
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

白井 丈晶(しらい たけあき)

役職循環器内科 科部長
専門分野小児循環器疾患
成人先天性心疾患
学会専門医・認定医日本循環器学会認定循環器専門医
日本小児科学会小児科専門医
日本成人先天性心疾患学会成人先天性心疾患暫定専門医
厚生労働省認定臨床研修指導医

中村 浩彰(なかむら ひろあき)

役職循環器内科 科部長
専門分野循環器疾患全般
一般内科
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本脈管学会脈管専門医
日本心血管インターベンション治療学会心血管カテーテル治療専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
下肢静脈瘤レーザー焼灼実施医
厚生労働省認定臨床研修指導医

嘉悦 泰博(かえつ やすひろ)

役職循環器内科 科副部長
専門分野循環器疾患全般
カテーテルインターベンション
心臓リハビリテーション
心臓CT
心不全
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

伊藤 達郎(いとう たつろう)

役職循環器内科 医長
専門分野循環器疾患全般 
循環器画像診断
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医 
欧州心臓病学会(ECS)心臓MRI認定試験合格
医学博士 

中西 智之(なかにし ともゆき)

役職循環器内科 医長
専門分野循環器疾患全般
不整脈
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
ICD/CRT資格医
医学博士

寺尾 侑也(てらお ゆうや)

役職循環器内科 医長
専門分野循環器疾患全般
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本医師会認定産業医
医学博士

松岡 裕樹(まつおか ゆうき)

役職循環器内科 医長
専門分野循環器疾患全般
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医・指導医
日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医・指導医
日本化学療法学会認定抗菌化学療法認定医
日本医師会認定産業医 
厚生労働省認定臨床研修指導医

下浦 広之(しもうら ひろゆき)

役職循環器内科 医長
専門分野循環器疾患全般
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心エコー図学会SHD認証医
医学博士

永松 裕一(ながまつ ゆういち)

役職循環器内科 医長
専門分野循環器疾患全般
不整脈
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
ICD/CRT資格医
医学博士

向井 淳(むかい じゅん)

役職循環器内科 医長
専門分野循環器疾患全般
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医

中西 祐介(なかにし ゆうすけ)

役職循環器内科 専攻医
専門分野
学会専門医・認定医

米田 幸世(よねだ さちよ)

役職循環器内科 専攻医
専門分野
学会専門医・認定医

松濱 考志(まつはま こうし)

役職循環器内科 専攻医
専門分野
学会専門医・認定医

米原 昇吾(よねはら しょうご)

役職循環器内科 専攻医
専門分野
学会専門医・認定医

上垣 陽介(うえがき ようすけ)

役職循環器内科 専攻医
専門分野
学会専門医・認定医

坂元 美季(さかもと みき)

役職循環器内科 専攻医
専門分野
学会専門医・認定医

山本 真梨(やまもと まり)

役職循環器内科 専攻医
専門分野
学会専門医・認定医

岡本 裕哉(おかもと ゆうや)

役職循環器内科 専攻医
専門分野
学会専門医・認定医


問い合わせ

研修についての質問や相談は下記迄お気軽にご連絡ください。



▲ページトップへ