ホーム > 各科・センター・部門 > 麻酔科

麻酔科


診療科の特徴

麻酔について

麻酔科は当院で行われる全身麻酔の全症例と、リスクを伴う脊椎麻酔症例や帝王切開症例を担当しています。具体的には、未熟児・新生児から90歳を超える高齢者に至るまで幅広い年齢の患者さんを対象とし、またさまざまな疾患に対応するべく、大学病院・こども病院・循環器病センター・救急病院などでトレーニングを積んだ麻酔科専門医・認定医が麻酔管理を行います。

麻酔をかける主な目的は「安全で快適に手術を受けていただくこと」です。安全に麻酔を行うためには、術前に患者さんの状態を十分把握することが必要です。そのために術前検査を受けていただき、手術前日までに患者さんのところに訪問し問診・診察させていただきます。必要な場合は追加検査をお願いすることもあります。
手術中は患者さんの状態に合わせ心電図、血圧計、経皮的酸素飽和度モニター(パルスオキシメーター)、脳波モニターなどを用い、常に全身状態、麻酔状態を監視・維持しています。

当科は術後の鎮痛対策も行っており、胸部や腹部手術の疼痛管理には持続硬膜外麻酔を行ったり、整形外科手術などには超音波ガイド下神経ブロックを施行したりして、良好な鎮痛を得ています。これらの手技ができない症例では、鎮痛剤の持続的静脈投与を行うなど、いろいろな方法を使用して術後鎮痛を行います。

麻酔科外来について

手術当日に入院しても患者さんが安心して麻酔・手術が受けられるよう麻酔科外来を開設いたしました。対象は日帰り手術を含む全身麻酔を希望される小児の患者さんと口腔外科手術を受けられる患者さん、認知症などで入院期間を最小限にしたい眼科の患者さんです。手術日以前に受診していただき、麻酔を安全に行えるよう術前評価を行います。また日帰り手術の場合には、手術前日・当日朝の過ごし方や、術後帰宅されてからの注意事項などを詳しく説明させていただきます。
なお、現在ペインクリニック外来は行っておりません。




▲ページトップへ