ホーム > 各科・センター・部門 > 眼科

眼科


診療科の特徴

現在当科は東播磨地区の基幹病院として様々な疾患に対応しております。スタッフは常勤医師5名、非常勤医師4名、視能訓練士6名、看護師・医療クラークとなっております。外来には中央手術室に準じた小規模ですがクリーンルームが設置されており、手術用顕微鏡・患者ベッド等も備えておりますので、硝子体注射を含めた処置、小手術に迅速に対応可能となっております。

また、眼科手術はますます小切開手術化がすすみ、入院期間もより短期間に設定しております。通常の白内障手術は2泊3日。また、高齢者の場合には入院による転倒等のリスクを軽減するため1泊2日入院で対応し、硝子体手術は疾患により5日~13日となっております。小児疾患・緊急疾患もすべて対応し治療にあたっています。




▲ページトップへ