ホーム > 各科・センター・部門 > 呼吸器内科

呼吸器内科


診療科の特徴

加古川・高砂地域の呼吸器診療の中心として、ほとんどの呼吸器の病気に対応できると考えています。咳や痰など一般外来的なものから、重症の呼吸不全・肺癌など高度医療が必要なものまで幅広いのが呼吸器疾患の特徴です。当院ではPET-CTを含めた画像診断がしっかりでき、呼吸器外科医の赴任、新しい放射線治療装置の導入で、充実した検査・治療が可能になりました。また総合病院として放射線診断・IVR科、放射線治療科、総合内科、リウマチ膠原病内科、循環器内科、耳鼻科、皮膚科などいろんな他科と垣根を低くしながら連携し診療に当たっています。緩和ケア治療も力をいれていますので御相談ください。

検査に関しては、気管支鏡検査はCアーム型透視装置を使用し、検査時には静脈麻酔を用いてできるだけ侵襲が少ない様に心がけています。また原因不明の胸水には局所麻酔下胸腔鏡検査を、胸膜直下の病変にはエコーガイドやCTガイド下生検にて病理検体の採取を積極的に行っています。生理検査としては肺機能検査、呼気NO検査、気道抵抗測定(モストグラフ)、睡眠ポリグラフ検査もあります。

施設認定としては、日本呼吸器学会認定施設・日本呼吸器内視鏡学会関連施設・日本アレルギー学会教育施設に認定されており、専門医取得の研修も可能です。




▲ページトップへ