ホーム > 各科・センター・部門 > 心臓血管センター

心臓血管センター


心臓血管外科

 手術室には心血管病変に対する放射線血管内治療と開心術が同時に行えるハイブリッド手術室が備わっています。高齢者、重症例に対するステントグラフト治療やカテーテルを使った大動脈弁手術を実施しています。また周産母子センター、こどもセンターと提携しながら新生児から心臓血管手術を行っています。

循環器内科

 心臓血管センターは24時間365日の受け入れ体制で循環器疾患、血管疾患全般にわたり診断・治療を行っていきます。急性心筋梗塞などの時間との争いになる救急疾患に対するカテーテル治療はもちろんのこと、特に不整脈に関しては新病院ではマグネティックナビゲーションシステムという新しい機器を用いたカテーテルアブレーション治療を開始します。このシステムを用いることにより放射線被曝を軽減でき、より安全に複雑な不整脈の治療が可能となります。また心臓血管外科と協力し弁膜症に対するカテーテル治療も導入していく予定ですし、小児循環器内科の先生も加わり、小児から成人と幅を広げ東播磨地域のさまざまな循環器疾患に対応していきます。

小児科

 生まれつき心臓の形に異常のある先天性心疾患や学校検診などで見つかる不整脈、肺高血圧、川崎病冠動脈後遺症、心筋炎や心筋症などについて、胎児期・新生児期から乳幼児、学童に至るまで、すべての時期の小児心疾患を対象に診療を行っています。小児のカテーテル検査および治療、産科外来で胎児心エコーも行っています。成人期に移行する患者さんについて成人診療科と連携ととっています。


ハイブリッド手術室

高精度な血管カテーテル治療を行いながら手術が可能な「ハイブリッド手術室」を設置しています。血管造影室と手術室は別々であると、患者さんの移動が必要になり、迅速な対応が難しく、身体への負担もありますが、ハイブリッド手術室では、この問題が解決されます。また手術台も可動し、患者さんは横たわった状態のままで様々な角度の治療が可能になるので、さらに精度の高い手術も期待できます。

マグネティックナビゲーションシステム

不整脈の治療のためのカテーテルアブレーションをより安全にかつ正確におこなうことを目的とした装置です。患者さんへのX線被ばくの低減も報告されています。医師は別室の操作室から、新しいコンピュータを用いて、患者さんの横に置かれたマグネット(磁石)を動かしながら、カテーテルを必要な部位に誘導していきます。カテーテルの動きを非常にきめ細かく制御可能なため、安全かつ正確なカテーテルアブレーションが期待されます。




▲ページトップへ