ホーム > 各科・センター・部門 > 皮膚科

皮膚科


診療科の特徴

平成26年4月よりリウマチ科の先生方が赴任され、不明熱、関節痛、皮疹など膠原病を疑う疾患に対して、リウマチ科の先生方と一緒に積極的に診断・治療にあたっています。他、尋常性乾癬や関節症性乾癬など生物学的製剤注射の適応あれば導入前のスクリーニング検査をして導入をしております。小児に多い皮膚疾患も多く診察しており、必要に応じて小児科と連携して診断・治療に当たっております。

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、食物や薬剤によるアレルギー疾患の検査・治療、自己免疫性水疱症の診断・治療、円形脱毛症に対するSADBE療法、帯状疱疹や蜂巣織炎などの皮膚感染症、皮膚腫瘍(良性・悪性)の診断・治療(ただし、当科では手術加療できない皮膚腫瘍もあります)など、多岐にわたる皮膚疾患にも対応しております。

鳥居薬品のパッチテスト試薬金属やジャパニーズスタンダード2008シリーズのアレルゲンを用いたパッチテスト、多汗症に対するイオントフォレーシス、デルマレイー800を用いた紫外線療法、自費診療として男性型脱毛症に対するプロペシアの処方、巻き爪に対するマチュワイア、VHOによる矯正も行っています。




▲ページトップへ