ホーム > 各科・センター・部門 > 脳神経外科

脳神経外科


診療科の特徴

 当科の特徴としては、播磨地区にて最も長い歴史を持つ脳神経外科として、多くの地域医療機関との連携網が構築されています。また、当院にて新たに新設された脳神経内科とも常時協力体制がとれています。

 対症疾患は脳神経外科疾患全般ですが、特に水頭症・二分脊椎・頭蓋縫合早期癒合症などの先天性疾患を含む新生児・小児脳神経外科疾患には力を入れており、当院周産母子・こどもセンターと連携し、小児脳神経外科疾患に関してはほぼすべてに初期対応が可能です。兵庫県立こども病院や神戸大学等、遠方では全国区の小児専門病院と良好な関係が築かれておりますので患者さんのご希望になるだけ沿うような形での対応も可能です。播磨地区の小児脳神経外科疾患に関しては当院にて完結出来るように診療体制を構築したいと考えています。

お知らせ 【平成29年10月17日】

 脳神経外科は1人体制で診療を行い、外来及び小児疾患の定期手術を主に行って参りましたが、2017年10月より新たに血管内治療を専門とする木戸口慶司医師を迎え、ようやく複数人で診療を行う事が出来るようになりました。これまで対応困難であった血管障害の外科的治療にも対応できるように準備を進めておりますので今後ともよろしくお願いいたします。

診断・治療機器装備
64列CT 2台、64×2列CT 1台
1.5T MRI 1台、3.0T MRI 1台
脳血管撮影装置 2台(うち1台ハイブリッド)
放射線治療装置
緊密な地域連携
播磨地区最古の脳外科として歴史は長く、その間において多くの地域医療機関との良好な連携網が構築されております。



▲ページトップへ