ホーム > 各科・センター・部門 > 整形外科

整形外科


診療科の特徴

 整形外科は、スタッフ8人と整形外科専攻後期研修医1人の計9人で東播磨地域の基幹病院として整形外科診療を行っております。
 当科の特徴としては、変形性関節症をはじめとする関節疾患に力を入れていることが挙げられます。当科では、『関節センター』を開設し、関節疾患の専門的治療をより充実させるように努めています。様々な関節疾患に対してMRIやCTをはじめとした各種画像を用いた正確な診断、投薬や筋力訓練等の保存的治療の指導、そして最先端の手術的治療を行っています。特に、人工関節手術ではナビゲーションシステムを導入する事により、安全で確実な手術を心がけています。一方、人工関節手術が適応にならない若年者に対しては、骨切り術や関節鏡手術などの骨温存手術を積極的に行っています。このように、個々の患者さんにとってより良い治療法を、患者さんと相談しながら行うように心がけています。
 関節疾患以外にも、これまで通り外傷疾患やスポーツ障害などの治療をはじめ整形外科疾患一般を幅広く対応するように心がけています。
 手術に際しては、整形外科的な問題だけではなく、循環器、呼吸器、消化器に重大な合併症がある方、癌などの悪性疾患を治療中の方、認知症のある方など、他科の医師や理学、作業、言語療法士および管理栄養士などのスタッフと総合的に連携しての治療を要する場面が多くなっています。このような状況にも当科はしっかりと対応していきたいと思います。
 現在当科では、毎日外来診療をおこなっておりますが、手術日である火、木曜日のみ、初診の方のみに限定させていただいております。その他、関節センターの初診外来を月曜の午前に設けましたので、地域医療連携室を通してご予約いただければ幸いです。
 今後とも地域の医療機関の皆様のお役に立てるように精進して参ります。宜しくお願いいたします。




▲ページトップへ