ホーム > 診療科・部門 > 放射線室

放射線室


特色

 加古川中央市民病院の開院に伴い、放射線室では東市民病院・西市民病院それぞれの医療機器の移設と今回新たに、3.0T MRI装置、放射線治療装置であるリニアックハイブリッド血管撮影装置磁場カテーテルナビゲーションシステム(ステレオタキシス)等の導入がされ、600床の病院として充実した施設になりました。各診療科の様々な要請に対応できる体制にもなり、これまで以上に地域の皆様や患者様に還元できるよう努力しております。

 また日頃より、検査、治療技術の向上、被曝低減、高い専門性を持った人材育成にも力を入れ、良質の医療を提供するよう、スタッフ一同取り組んでいます。

 

 



地域医療機関の先生方へ

放射線室には多種にわたる高度放射線診断機器を配備し、地域医療機関の先生方にもこれらの機器を有効利用していただけるように、地域医療連携室を通じて検査予約を承っています。一般撮影をはじめマンモグラフィー、CT、MRI検査、造影透視検査、核医学検査、骨密度検査などの画像診断からリニアックによる放射線治療まで幅広い検査、治療に対応しています。

 

これまでと同様、特に利用の多いCT、MRI検査に関しては、最新機能を有した機器を3台体制で稼働しています。昨年度は3.0TMRI装置が1台更新されました。特徴として検査室内の天井に青空の画像照明を備え、患者さんの恐怖感をより軽減できるようになりました。さらに本年度4月よりIVR-CTが導入され、本格稼働します。

 

スタッフには各種認定資格を持った技師を多数配置し、高い専門技術を発揮しながら、常に予約待ち日数の短縮にも努めています。今後も地域の先生方の診療支援となり、迅速かつ精度の高い画像が提供出来るよう職員一同努力し、強化を図っていきたいと考えています。当室の画像診断機器のより一層のご利用よろしくお願い申し上げます。


主な撮影装置

○ 放射線治療装置(リニアック)

○ MRI


○ 128列マルチスライスDCT

○ PET-CT装置


○ X線TV装置

○ バイプレーン血管造影装置


○ 3Dマンモグラフィー <詳しくはこちらへ>

○ 骨密度測定装置



実績

放射線室実施検査数

(件)
検査種別 2019年 2020年 2021年
一般撮影 75,675 66,875 7,2862
乳房撮影 2,967 2,561 2,9521
ポータブル 24,198 24,792 2,9521
術中検査 1,139 1,122 1,221
透視造影TV 1,383 1,173 1,499
内視鏡TV 1,624 1,780 1,738
CT 54,441 56,650 65,109
MRI 21,781 20,972 22,580
RI 3,573 3,256 3,462
血管造影 3,122 2,636 3,164
PET検査 1,941 2,044 2,202
放科エコー 253 159 409
乳腺エコー 2,879 2,555 2,595
泌尿器造影・内視鏡 1,999 2,033 2,186
X線骨密度測定 3,451 3,803 4,263
放射線治療 7,486
合計 207,831 199,313 223,249



▲ページトップへ