ホーム > 各科・センター・部門 > 口腔管理室

口腔管理室


特色

 口腔管理室は口腔外科の診療を支援する部署として、歯科衛生士、歯科技工士が勤務しております。口腔外科は医科や歯科診療所より多くの患者さんをご紹介いただいており、埋伏智歯抜歯、嚢胞、腫瘍、外傷、口腔粘膜疾患、顎関節疾患、全身疾患を有する方の抜歯など、幅広く対応しています。
 現在、歯科衛生士は8名(うち口腔ケア認定衛生士は5名)が勤務しており、外来診療補助や入院患者さんの口腔ケア、ICUにおけるVAP(人口呼吸器関連肺炎)予防、NST(栄養サポート)チームへの参加、心臓血管外科の手術前後や、がんの手術・化学療法・放射線療法の前後に周術期口腔機能管理として口腔ケアを行い、術後の肺炎や述部感染予防、合併症の予防、QOL(生活の質)の向上を目指して日々取り組んでいます。
 また、歯科技工士は口腔機能の回復をするための顎義歯や顎骨骨折シーネ、睡眠時無呼吸装置(SAS)、唇顎口蓋裂のホッツ床等々の早急な製作を行い、患者サービスの向上に努めています。
 加古川中央市民病院では、各診療科の周術期等、口腔機能管理のニーズに対応できるように医科、歯科連携を推進し「口腔機能管理チーム」として、更にスタッフ全員が研鑽を行って参ります。

 

 



地域医療機関の先生方へ

 口腔管理室では東播磨地域の口腔外科診療室として医科歯科連携を目指しています。特に近年、高齢化に伴い基礎疾患を有する患者さんが増加しています。より安全に処置を行うため、医科主治医への対診や服薬内容の情報把握が必須となっております。
 ご紹介の際にはその旨を患者さんにお伝えください。医科主治医の先生方におかれましても、全身状態のご教示を宜しくお願いいたします。
 また、かかりつけ歯科の先生方には、周術期口腔機能管理を依頼させていただくことがあります。
 スムーズに口腔機能管理が移行できるよう、情報共有に努めて参りますので、今後もご協力よろしくお願いいたします。

 



実績

口腔ケア実績

(件)
  2017年 2018年 2019年
口腔ケア 2,938 3,599 3,134

 

(件)
  2017年 2018年 2019年
周術期口腔機能管理計画策定件数 250 459 416
周術期件数 635 1,054 960



▲ページトップへ