ホーム > 各科・センター・部門 > 消化器内科

消化器内科


診療科の特徴

消化器内科は、消化管および肝臓、膵胆道に関連する疾患群を扱っています。すなわち、これらの臓器に発生する様々な疾患を担当し、良悪性のいずれもが含まれる多彩な病態が診療の対象となります。
 消化管疾患の診断においては、内視鏡診断が主体となります。通常の内視鏡観察のみでなく、拡大内視鏡や色素内視鏡、あるいは特殊光を用いた画像強調観察などを併用して精密な検査を施行しています。これらの手法により、病変の鑑別診断や範囲診断、進行度の判定、などが可能となります。また、カプセル内視鏡やバルーン内視鏡による小腸病変の評価も積極的に行っています。一方、膵胆道病変においては超音波内視鏡を用いた精緻な観察によって病変の鑑別診断を行い、時に細径針を用いた穿刺吸引生検法を付加して病理組織学的な確定診断を試みています。さらに、院内に構築された緊密な協力体制の下で、体外式超音波検査やCT/MRを含めた各種の放射線検査を十分に活用して肝胆膵病変の正確な臨床診断に努めています。
 治療に関しては、消化管の早期悪性病変については、内視鏡的粘膜下層剥離術や粘膜切除術を多数例で施行しています。また、食道胃静脈瘤に対する内視鏡的結紮術や硬化術、出血性胃十二指腸潰瘍の止血術、大腸憩室出血に対する止血術、などは、緊急対応を要する頻度の高い手技ですが、必要十分な機器を準備した専用の内視鏡処置室で対処しています。膵胆道疾患においては、内視鏡的胆管結石除去術、胆道ドレナージ術や胆管ステント留置術、膵嚢胞ドレナージ術や膵管ステント留置術、などの手技を厳密な適応判定の下で施行しています。さらに、その他の様々な疾患や病態に対して、十分な科学的根拠を考慮した上で、各種の薬物療法、化学療法、放射線療法、緩和療法などを過不足なく体系的に行うことを志しています。


診療可能疾患

食道腫瘍
逆流性食道炎
食道胃静脈瘤
胃腫瘍
胃十二指腸潰瘍
ピロリ感染症
機能性胃腸症
小腸腫瘍
小腸出血
炎症性腸疾患
大腸腫瘍
大腸憩室出血
肝腫瘍
慢性肝炎
肝硬変
膵腫瘍
急性膵炎
慢性膵炎
胆道腫瘍
胆道結石などの消化器疾患

診療実績

  2017年 2018年 2019年
上部内視鏡検査  7,059 7,014  6,988 
下部内視鏡検査 3,703 3,718  3,869 
ESD(上部/下部) 125(95/30) 143(102/41)  144(109/35) 
EMR+polypectomy  1,236 1,323  1,400
ERCP関連手技 434 526  521 
EUS 405 454 458
EUS-FNA 62 65  101 
小腸カプセル内視鏡 34 35  33 
小腸バルーン内視鏡 17 45  53 

スタッフ紹介

岡部 純弘(おかべ よしひろ)

役職消化器センター長
(兼)消化器内科 主任科部長
専門分野消化器疾患全般
膵胆道疾患の診断と治療
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本膵臓学会認定指導医
日本胆道学会認定指導医
日本超音波医学会超音波専門医・指導医
日本消化器病学会学会評議員・近畿支部評議員
日本消化器内視鏡学会学術評議員・近畿支部評議員
日本超音波医学会関西地方会運営委員
厚生労働省認定臨床研修指導医

山城 研三(やましろ けんぞう)

役職消化器内科 科部長
専門分野消化器疾患全般
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
厚生労働省認定臨床研修指導医

西澤 昭彦(にしざわ あきひこ)

役職消化器内科 科部長
(兼)消化器センター 副センター長
(兼)がん集学的治療センター 緩和ケア室長
専門分野消化器領域全般
総合内科
緩和医療
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本病院総合診療医学会認定医
日本緩和医療学会緩和医療認定医
日本内科学会近畿支部評議員
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

鈴木 志保(すずき しほ)

役職内科 科部長
専門分野消化器領域全般
人間ドック・健診
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本抗加齢医学会専門医
H.Pylori(ピロリ菌)感染症認定医
日本人間ドック学会認定医
産業医学ディプロマ
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
厚生労働省認定臨床研修指導医

田村 勇(たむら いさむ)

役職消化器内科 科副部長
専門分野消化器領域全般
総合内科
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
日本東洋医学会漢方専門医
日本医師会認定産業医
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

孝橋 道敬(こうはし みちたか)

役職消化器内科 医長
専門分野消化器領域全般
炎症性腸疾患
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医・指導医
医学博士

平田 祐一(ひらた ゆういち)

役職消化器内科 医長
専門分野消化器領域全般
膵胆道疾患の診断と治療
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
日本消化器病学会近畿支部評議員
日本消化器内視鏡学会近畿支部評議員
医学博士

織田 大介(おりた だいすけ)

役職消化器内科 医長
専門分野消化器領域全般
内視鏡治療
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医

北代 隼(きただい じゅん)

役職消化器内科 医師
専門分野消化器領域全般
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医

入江 洋介(いりえ ようすけ)

役職消化器内科 専攻医
専門分野消化器領域全般
学会専門医・認定医

横谷 勇佑(よこたに ゆうすけ)

役職消化器内科 専攻医
専門分野消化器領域全般
学会専門医・認定医

織邊 貴大(おりべ たかひろ)

役職消化器内科 専攻医
専門分野消化器領域全般
学会専門医・認定医

米澤 瑞華(よねざわ みずか)

役職消化器内科 専攻医
専門分野消化器領域全般
学会専門医・認定医

杉原 康介(すぎはら こうすけ)

役職消化器内科 専攻医
専門分野消化器領域全般
学会専門医・認定医

岡本 浩平(おかもと こうへい)

役職消化器内科 専攻医
専門分野消化器領域全般
学会専門医・認定医

友藤 清爾(ともふじ せいじ)

役職消化器内科 専攻医
専門分野消化器領域全般
学会専門医・認定医

峯 孝太郎(みね こうたろう)

役職消化器内科 専攻医
専門分野消化器領域全般
学会専門医・認定医

前田 敦成(まえだ あつのり)

役職消化器内科 専攻医
専門分野消化器領域全般
学会専門医・認定医

土井 真由実(どい まゆみ)

役職消化器内科 専攻医
専門分野消化器領域全般
学会専門医・認定医

寺尾 秀一(てらお しゅういち)

役職副院長
(兼)臨床研究・治験センター長
(兼)診療部長
(兼)内科 主任科部長
(兼)医療安全管理部長
(兼)医療安全推進室長
専門分野消化器疾患全般
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
日本ヘリコバクター学会代議員
日本医師会認定産業医
厚生労働省認定臨床研修指導医


外来担当医表

外来診療日程につきましては、下記をご参照ください。



地域医療機関の先生方へ

消化器疾患の診療においては、各種の診断法を用いる必要があり、また多様な治療法を提供できることが不可欠です。当科においては、特に内視鏡診断を重視する立場から、2017年度に内視鏡機器を一新しましたが、以後も機材の補充や更新を行っています。

さらに、特殊光観察、拡大内視鏡、小腸カプセル内視鏡、小腸バルーン内視鏡、および超音波内視鏡検査などの先進的な内視鏡診断法を行っています。また、院内各科との協力が密であり、US/CT/MR/PETなどの各種画像診断装置を用いた迅速な病態診断が可能な環境です。

治療面については、薬物療法、内視鏡治療、外科手術、化学療法、放射線療法、さらに緩和療法までを統合した治療体系の構築を目標としてspecialistの養成を図るとともに、院内の各専門科や他職種との議論を重ねながら、最も適切な治療手段を提供できるように努めています。

一方、食道・胃・大腸の腫瘍性病変に対する内視鏡的粘膜下層剥離術、術後再建腸管症例に対する内視鏡的胆膵処置、超音波内視鏡誘導下処置(経消化管的膵嚢胞ドレナージ術、胆道ドレナージ術)、などの新しい治療も導入して地域で完結できる高度医療の提供を進めていきます。

以上、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。




▲ページトップへ