ホーム > 各科・センター・部門 > 糖尿病・代謝内科

糖尿病・代謝内科


診療科の特徴

急性期の糖尿病性昏睡にも対応しており、糖尿病性ケトアシドーシスや高血糖高浸透圧性昏睡(HHS)、重症低血糖も受け入れています。また、昏睡はなくても急速な高血糖状態の患者さんは例外なく受け入れており、約半数が1型糖尿病患者と診断し、当院で管理しています。1型糖尿病患者では、インスリン強化療法を積極的に施行しており、1日4回から5回のインスリン頻回投与治療か持続インスリン皮下注射療法(CSII)の導入・管理を行っています。

糖尿病教育入院は従来7泊8日入院でしたが、より多くの患者さんが入院できるようコンパクトにまとめ6泊7日入院としました。一方、血糖コントロールが悪いが働き盛りでなかなか病院に来られない方が増加しており大きな問題となっております。このような事情を踏まえ、金曜に入院し、月曜に退院する週末入院パスを作成しました。(診療情報提供書)短期間であって適切なカロリー制限食を実感し、要点を絞った指導を受けることは大変意義があることと考えます。

当院は周産期母子医療が充実しており、妊娠糖尿病、妊娠合併糖尿病患者も多く、平成25年には60出産を超えており、平成26年は66出産あり、増加傾向です。1型糖尿病合併妊娠2例、2型糖尿病合併妊娠11例、high riskGDM 3名であり長期にフォローが必要と考えております。

K-DiEET(Kakogawa-Diabetes Dietary Exercise Education and Treatment)チームを結成し、チーム医療が主体の診療を行っています。




▲ページトップへ