ホーム > 各科・センター・部門 > 糖尿病・代謝内科

糖尿病・代謝内科


診療科の特徴

急性期の糖尿病性昏睡にも対応しており、糖尿病性ケトアシドーシスや高血糖高浸透圧性昏睡(HHS)、重症低血糖も受け入れています。また、昏睡はなくても急速な高血糖状態の患者さんは例外なく受け入れており、約半数が1型糖尿病患者と診断し、当院で管理しています。1型糖尿病患者では、インスリン強化療法を積極的に施行しており、1日4回から5回のインスリン頻回投与治療か持続インスリン皮下注射療法(CSII)の導入・管理を行っています。

糖尿病教育入院は従来7泊8日入院でしたが、より多くの患者さんが入院できるようコンパクトにまとめ6泊7日入院としました。一方、血糖コントロールが悪いが働き盛りでなかなか病院に来られない方が増加しており大きな問題となっております。このような事情を踏まえ、金曜に入院し、月曜に退院する週末入院パスを作成しました。(診療情報提供書)短期間であって適切なカロリー制限食を実感し、要点を絞った指導を受けることは大変意義があることと考えます。

当院は周産期母子医療が充実しており、妊娠糖尿病、妊娠合併糖尿病患者も多く、平成25年には60出産を超えており、平成26年は66出産あり、増加傾向です。1型糖尿病合併妊娠2例、2型糖尿病合併妊娠11例、high riskGDM 3名であり長期にフォローが必要と考えております。

K-DiEET(Kakogawa-Diabetes Dietary Exercise Education and Treatment)チームを結成し、チーム医療が主体の診療を行っています。


診療可能疾患

1型糖尿病
2型糖尿病
その他の糖尿病、特に膵性糖尿病
妊娠糖尿病
糖尿病性昏睡

診療実績

  2019年
糖尿病教育入院 167
コントロール不良 37
ケトーシス 21
DKA/HHS 15
1型糖尿病 27
シックデイ 12
甲状腺緊急疾患(中毒症、粘液水腫) 6
副腎機能性疾患 19
視床下部・下垂体 5
電解質異常 16
インスリンポンプ 4
妊娠関連 2
その他 62

スタッフ紹介

播 悠介(はり ゆうすけ)

役職糖尿病・代謝内科 主任医長
専門分野糖尿病・内分泌
学会専門医・認定医日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医
日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
厚生労働省認定臨床研修指導医

高橋 陸(たかはし りく)

役職糖尿病・代謝内科 医師
専門分野糖尿病・内分泌
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医

肘井 慧子(ひじい さとこ)

役職糖尿病・代謝内科 医師
専門分野糖尿病・内分泌
学会専門医・認定医日本内科学会認定内科医

外来担当医表

外来診療日程につきましては、下記をご参照ください。



地域医療機関の先生方へ

当科では1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、その他の糖尿病を中心に急性期・慢性期の治療・管理を積極的に行っています。持続グルコース測定(CGMS)ならびに持続インスリン皮下注射療法(CSII)の導入も行っています。他科、多種職と連携した合併症の管理を行っており、合併症予防のためのフットケア外来を週5日実施しています。1週間の糖尿病教育入院は12名/月受け入れています。血糖コントロールに難渋される方はいつでもご紹介ください。

周産期母子医療における妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠の糖尿病管理は当科が一括して行っています。

2018年度から当院で肥満外科治療が開始され、手術までの内科的減量治療は当科で行っています。妊娠糖尿病外来、肥満外来を設けておりますので、妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠、挙児希望の糖尿病患者さん、肥満外科手術を希望される患者さんがおられましたら御紹介頂ければ幸いです。また2020年度から週1日(水曜日)内分泌外来も設けております。内分泌疾患におきましても対象となる患者さんがおりましたらご紹介ください。今後とも何卒宜しくお願い致します。




▲ページトップへ