ホーム > 各科・センター・部門 > 小児科

小児科


小児科のご紹介

当院小児科は、東播磨地域におけるこどもの健康を守る基幹施設として、予防接種・乳児健診といった健康管理から小児救急、慢性疾患、周産期医療にいたるまでのさまざまな小児医療に取り組んでいます。
小児一般病棟(こどもセンター)は56床の病床を持ち、成長過程にある小児の専門医療や24時間の二次救急医療に対応しています。
周産母子センター(新生児部門)はNICU15床、GCU30床の計45床を持ち、地域周産期母子医療センターとして24時間体制で新生児の入院を受け入れて高度集中治療を行っています。
また、当院はWHO/UNICEFより「赤ちゃんにやさしい病院」に認定されており、産科や院内各部門とも連携し母乳育児をはじめとする育児支援活動にも力を入れています。

主任科部長のご挨拶

当院の小児科は地域の小児医療センターとして、いのちの始まりから成人に至るまでこどもたちの成長に応じた総合的な医療を提供しています。小児二次救急や高度な専門医療、重症新生児の受け入れ体制などをしっかり整備し、どんなときでも地域の皆さまに頼っていただける小児科を目指しています。医師、看護師、臨床心理士などさまざまな職種のスタッフがチームとして連携し、こどもたちとそのご家族が最良の環境の中で安心して医療を受けていただけるように努めます。

院長補佐(兼) こどもセンター長(兼) 小児科 主任科部長
米谷 昌彦




▲ページトップへ