ホーム > 各科・センター・部門 > 心臓血管外科

心臓血管外科


診療科の特徴

東播磨地区の循環器疾患を受け持つセンターとして心臓移植、再生医療など特殊なものを除く心臓血管外科領域のほとんど全ての手術を行っております。虚血性心疾患、弁膜症、大動脈疾患、末梢血管、先天性心疾患の診療を循環器内科、小児科と日々密接な連携を取りながら手術にこだわらずカテーテル治療やお薬による治療、運動療法など一人ひとりの患者さんに合わせた最良の治療を提供できるように考えています。突然の発症や急激な病状悪化で救急搬送される患者さんに対しては24時間体制で対応しております。近年増加している透析患者さんに対しては心大血管および末梢血管疾患はもちろん、透析シャントの不具合も受け入れております。他部門とのチーム医療を得意としており、末梢血管は循環器内科、形成外科とフットケアチームとして医師だけでなく専門看護師など他部門が一丸となって個々の患者さんに最適の治療を行っています。大動脈瘤のステントグラフト治療、大動脈弁のカテーテル治療にも力を入れており、多くの治療を行っています。生まれつきの心臓病、先天性心疾患に関しては小児科、循環器内科が合同でカンファレンスを行い新生児から成人まで治療にあたっています。
心臓、血管の病気に関しては小児から成人までどんなことでもお気軽に御相談下さい。




▲ページトップへ