ホーム > 診療科・部門 > 緩和ケアセンター

緩和ケアセンター

緩和ケアセンター概要


当院では、生命を脅かす疾患に関連する問題に直面している全ての患者さんとご家族に対して、診断時から適切な緩和ケアを切れ目なく提供できるよう、2021年4月より『緩和ケアセンター』を開設いたします。
緩和ケアセンターでは、専従のジェネラルマネージャー1名と専従の看護師2名を配置し、緩和ケアチーム、緩和ケア外来、看護外来等の機能を統括・管理することで苦痛を早期に同定し、早期からの緩和ケアに繋げます。また緩和ケアに関する情報の集約・分析を行うことで、質の向上に努めています。
さらに地域医療機関との連携強化や緩和ケアにおける高次の相談支援等を通して、地域緩和ケアの一端を担います。


緩和ケアセンターメンバー構成及び紹介

センター長 金田 邦彦
副センター長 西澤 昭彦
ジェネラルマネージャー 木村 敦子
がん看護専門看護師 和田 尚子
緩和ケア認定看護師 阪井 美緒
慢性心不全看護認定看護師 小林 彩香
薬剤師 伊藤 浩子
社会福祉士 清水 英彦
公認心理師 立本 美紀



緩和ケアポケットガイド2021

緩和ケアチームにより、緩和ケアポケットガイドを作成しました。オピオイド、鎮痛補助薬から漢方薬まで、緩和ケアの現場で必要な薬品情報を見やすいポケットサイズにまとめました。
院内では職員共有のサーバーに保存しており、いつでも閲覧が可能です。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは、患者さんの痛みや不安などのつらさを軽減できるよう、チームで協力しながら、患者さんとそのご家族をサポートします。
緩和ケアチームは、からだの担当医師、こころの担当医師、看護師、薬剤師、作業療法士、管理栄養士など様々な職種で構成されています。
当院の緩和ケアチームで最も多い介入依頼内容は、疼痛など身体症状に関することです。身体症状により日常生活や治療への支障が最小限となるよう、医師・看護師など現場のスタッフを中心に、緩和ケアチームが苦痛緩和へのサポートを行っています。また、緩和ケアチームには、医師、看護師、薬剤師、リハビリテーションスタッフ、管理栄養士、ソーシャルワーカー、心理職、事務職と様々な職種が揃っています。そのため、身体面だけでなく、精神面や社会面、スピリチュアルなども含めた全人的苦痛と真摯に向き合い、それぞれの職種の特徴を活かして、協働・連携を図ることで、患者さんとご家族のつらさが少しでも和らげられるよう努めてまいります。


» 緩和ケア室 についてはこちらへ


緩和ケアセミナー(医療従事者向け)

2021年11月11日(木)緩和ケアセミナー(ZoomによるWEB開催)を実施いたしました。
今年度は姫路循環器病センター 緩和ケア内科部長 坂下明大先生を講師にむかえ、「治療抵抗性の苦痛と鎮静~循環器専門病院での経験を踏まえて~」をテーマにご講演いただきました。今回は、院内外から70名を超える方々に参加していただきました。坂下先生から苦痛緩和のための鎮静の定義、鎮静のパターン、苦痛が継続した場合のフローチャートについてご説明いただき、治療抵抗性の苦痛についての適切な評価、医療チームによる鎮静の適応判断などの重要性について学びを得る機会となりました。




緩和ケア研修会(PEACE)

2022211日に開催しました。COVID-19の影響により、院内の医師のみを対象に完全WEB形式での開催となりました。院内でも初めてのWEB形式での取り組みのため、対面形式にはない運営の難しさもありましたが、大きな混乱なく終了できました。受講生からは、患者さんやご家族の心理面に配慮した病状説明や、普段の診療で悩んでいること等の質問が多くあり、今後の診療に活かすべく研修に真摯に取り組まれていました。

次年度は、院外の方々にも参加して頂けるよう、研修環境を整えていきたいと考えています。




▲ページトップへ