ホーム > 各科・5大センター・部門 > 緩和ケアセンター

緩和ケアセンター


緩和ケアセンター概要

 当院では、生命を脅かす疾患に関連する問題に直面している全ての患者さんとご家族に対して、診断時から適切な緩和ケアを切れ目なく提供できるよう、2021年4月より『緩和ケアセンター』を開設いたします。
 緩和ケアセンターでは、専従のジェネラルマネージャー1名と専従の看護師2名を配置し、緩和ケアチーム、緩和ケア外来、看護外来等の機能を統括・管理することで苦痛を早期に同定し、早期からの緩和ケアに繋げます。また緩和ケアに関する情報の集約・分析を行うことで、質の向上に努めています。
 さらに地域医療機関との連携強化や緩和ケアにおける高次の相談支援等を通して、地域緩和ケアの一端を担います。


緩和ケアセンターメンバー構成及び紹介

センター長 金田 邦彦
副センター長 西澤 昭彦
ジェネラルマネージャー 木村 敦子
がん看護専門看護師 和田 尚子
緩和ケア認定看護師 阪井 美緒
慢性心不全看護認定看護師 小林 彩香
薬剤師 伊藤 浩子
社会福祉士 清水 英彦
公認心理師 立本 美紀

 


緩和ケアチーム

 緩和ケアチームは、患者さんの痛みや不安などのつらさを軽減できるよう、チームで協力しながら、患者さんとそのご家族をサポートします。
 緩和ケアチームは、からだの担当医師、こころの担当医師、看護師、薬剤師、作業療法士、管理栄養士など様々な職種で構成されています。
 当院の緩和ケアチームで最も多い介入依頼内容は、疼痛など身体症状に関することです。身体症状により日常生活や治療への支障が最小限となるよう、医師・看護師など現場のスタッフを中心に、緩和ケアチームが苦痛緩和へのサポートを行っています。また、緩和ケアチームには、医師、看護師、薬剤師、リハビリテーションスタッフ、管理栄養士、ソーシャルワーカー、心理職、事務職と様々な職種が揃っています。そのため、身体面だけでなく、精神面や社会面、スピリチュアルなども含めた全人的苦痛と真摯に向き合い、それぞれの職種の特徴を活かして、協働・連携を図ることで、患者さんとご家族のつらさが少しでも和らげられるよう努めてまいります。

 

» 緩和ケア室 についてはこちらへ

 


緩和ケアセミナー(医療従事者向け)

 2021年1月21日(木)緩和ケアセミナーを実施いたしました。今年度は神戸大学医学部附属病院 緩和支持治療科 特命教授 木澤義之先生を講師にむかえ、「アドバンス・ケア・プランニング~本人の意向を尊重した医療をどう実践するか~」をテーマにご講演いただきました。今回は、COVID-19の影響によよりオンラインでの開催となりましたが、院内外の多くの方々にご参加いただきました。また、質疑応答ではオンライン参加の方からご質問をいただき、「ACPをいつ、だれが、どのように進めていくのか」を改めて考える大変貴重な機会となりました。

 


 


 

 

緩和ケア研修会(PEACE)

 2021年3月21日に、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(PEACE)を開催しました。PEACEとは、がん診療に携わるすべての医師が、緩和ケアについての基本的な知識を習得し、がん治療の初期段階から緩和ケアが提供されることを目的とした研修会です。今年度は、COVID-19の影響により、感染対策に万全を期すため、院内の医師のみを対象としました。外部の講師とはリモートで繋ぎ、密・接触を避けるため、参加者も二部屋に分かれてそれぞれをリモートで繋ぐなど様々な工夫をとり研修会を開催しました。グループワークでは、多職種も含めて、患者さんやご家族が安心して療養生活を送れるようにするための支援について考えるよい機会となりました。

PEACE=palliative care emphasis program on symptom management and assesment for continuous medical education の略


 

 


 

 

 

 






▲ページトップへ