ホーム > 各科・センター・部門 > 循環器内科

循環器内科


診療科の特徴

当科では積極的にカテーテル治療を行っています。虚血性心疾患に対するステント留置、ロータブレーターによる血管形成術(冠動脈インターベンション)を数多く行っています。また心原性ショック患者に対してはIABA(大動脈バルーンポンピング)、PCPS(経皮的補助循環装置)などの機械的補助装置を用い救命率を上げるようにしています。また心肺停止で搬送された患者さんに対し低体温療法を行い社会復帰率の向上に努めています。心室頻拍、心室細動の患者さんに対してはカテーテルアブレーション、植え込み型徐細動器(ICD)の植込み術を行い不整脈による突然死の予防に努めています。慢性心不全に対しては心臓再同期療法を行い心不全による入院、不整脈による突然死を防ぐ目的でデバイス植込み(CRT-D)を行っています。心房細動を含め上室性不整脈に対しては根治目的にてカテーテルアブレーションを行っています。高齢化に伴い増加している大動脈弁狭窄症に対して手術リスクが高い患者さんにはバルーンによる経皮的大動脈弁形成術を行っています。重症下肢虚血患者に対してはバルーン、ステントによる下肢動脈形成術を行っています。また形成外科との協力の下に下肢静脈瘤に対しレーザー治療を行っています。

紹介患者は原則として初期治療を行い必要があれば入院治療を行います。また地域の診療所と連携し専門医の必要な疾患に対しては転院し治療を行っています。当科で治療を行った患者さんはかかりつけ医で継続治療を勧め定期的な検査を当科で行い心筋梗塞の再発、心不全、不整脈の発症を未然に予防するよう努めています。今後益々病診連携が重要になっていくと考えられご協力お願いします。




▲ページトップへ