ホーム  >  当院について  >  機構について  >  コンプライアンス宣言・推進基本方針

コンプライアンス宣言・推進基本方針

コンプライアンス宣言

 加古川市民病院機構は、役員及び管理監督職員が先頭に立って、コンプライアンスをより重視した病院経営を推進し、職員一人ひとりがより高い倫理観を持って行動することにより、社会的責任と公共的使命を果たすことを宣言します。

  • ・コンプライアンスを推進するための弛まない努力を惜しまず、業務のあらゆる場面において、コンプライアンスを行動基準として事業活動を行います。
  • ・職員一人ひとりに課せられた職員倫理と、道徳やモラルとしての社会倫理、そして医療人としての医療倫理を常に確保し、公平かつ公正に行動します。

※コンプライアンスは、法令だけでなく職員倫理や組織内規則など、確立された社会規範まで広く含んでいます。

コンプライアンス推進基本方針

平成29年12月4日
理 事 会 決 定

 加古川市民病院機構は、役員及び管理監督職員が先頭にたって、以下のコンプライアンスへの取り組みを着実に推進する。

  • 専任組織を整備し、推進行動計画を策定する。
  • 最善の内部統制システムを構築する。
  • 規程等のルールを確立し、組織内のコンセンサスを徹底する。
  • 職員教育を通して、コンプライアンスに対する誇りと使命感を醸成する。
  • 適切に評価や見直しを行い、継続的なマネジメントのもとに推進する。
  • コンプライアンスの推進状況について、情報公開を行う。