ホーム  >  診療科・部門一覧  >  小児外科

小児外科


診療科の特徴

 東播層地域の中核病院として新生児医療・小児医療に取り組んでいる小児科の全面的な協力を得ながら、小児外科は小児の外科的な病気の診療にあたっています。
 日本小児外科学会では「こどもを安心して預けることができる外科医」の育成をめざして専門医制度を設けており、小児外科専門医・指導医・認定施設が学会の厳正な審査を受けて認定されています。当院小児外科は兵庫県で、6施設ある専門施設の1つで、大学病院、こども病院とともに3つある認定施設のうちのひとつです。
 小児外科指導医専門医3人(指導医2人)が常勤しており、小児外科専門医を目指す若手の先生とともに診療しています。


診療可能疾患

部 位  疾 患
頭頸部 耳前瘻孔、副耳、舌小帯短縮症、上唇小帯、正中頸嚢胞 、 側頸瘻 、 梨状窩瘻 、リンパ管腫、血管腫、鰓弓遺残症
胸部 食道閉鎖症、食道狭窄症、 食道アカラシア、胃食道逆流症、食道異物、嚢胞性肺疾患、自然気胸、気道異物、漏斗胸、鳩胸、横隔膜ヘルニア、横隔膜挙上症など
腹部・肛門 肥厚性幽門狭窄症、胃軸捻転、消化管穿孔、腸閉鎖症、腸回転異常症、壊死性腸炎、胎便性腹膜炎、腸重積症、メッケル憩室、重複腸管、腸閉塞(イレウス)、腸管ポリープ、急性虫垂炎、ヒルシュスプルング病、直腸肛門奇形(鎖肛)、仙尾部のう胞、腹部リンパ管腫、肛門周囲膿瘍、乳児痔瘻、裂肛、痔核、肛門・直腸脱、慢性便秘、胆道閉鎖症、胆道拡張症、胆石、門脈圧亢進症、膵炎、膵嚢胞など
臍・鼠径部・泌尿器 臍ヘルニア、臍ポリープ、尿膜管遺残症、鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、腎のう胞、停留精巣(停留睾丸)、精巣捻転症、包茎など
腫瘍 神経芽腫、ウイルムス腫瘍、肝腫瘍、胚細胞腫瘍(奇形腫)、横紋筋肉腫、膵腫瘍、脂肪腫など
外傷 体表、胸部、腹部などの外傷

診療実績

鏡視下手術(2009-2016)

 小児の低侵襲手術として注目されてきた腹腔鏡手術、胸腔鏡手術も取り組むようになっています。

ボタン電池 誤飲 (2011年-2015年) 10例(0才—6才)

 胃内7例  自然排出4例
       マグネットカテーテルによる摘出3例
 小腸3例  自然排出3例


スタッフ紹介

久野 克也(ひさの かつや)

役職 顧問
専門分野 小児外科
新生児外科
学会専門医・認定医 日本外科学会外科専門医・指導医
日本小児外科学会小児外科専門医・指導医
医学博士

安福 正男(やすふく まさお)

役職 こどもセンター 副センター長
(兼)小児外科 主任科部長
専門分野 小児外科
新生児外科
学会専門医・認定医 日本外科学会外科専門医・指導医
日本小児外科学会小児外科専門医・指導医・評議員
厚生労働省認定臨床研修指導医
神戸大学医学部臨床教授
医学博士

岩出 珠幾(いわで たまき)

役職 小児外科 医長
専門分野 小児外科
新生児外科
小児救急
学会専門医・認定医 日本外科学会外科専門医
日本小児外科学会小児外科専門医
JATECインストラクター

外来担当医表

外来診療日程につきましては、下記をご参照ください。

診察室番号
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
18-9 久野 安福 久野 (手術) 安福 岩出 安福 岩出 (手術)

地域医療機関の先生方へ

 当院の小児外科は、鼠径ヘルニア、虫垂炎などといった小児によくみられる手術から、新生児の外科疾患まで対応してきました。また、最近では小児慢性特定疾患児や成人移行期患児の在宅医療が進む中、QOL向上のための外科的介入症例も増加しています。外来では外傷や慢性便秘症など比較的日常疾患にも、地域医療機関の先生方と連携し診療を行っています。
 現在、兵庫県下に3カ所ある日本小児外科学会認定施設の1つとして、独自に認定を受けてきました。”中央市民病院でも地域連携室を十分にご活用いただき、先生方と協力して地域小児医療の拡充に尽力してゆけることを目指しています。