ホーム  >  当院について  >  機構について  >  理事長あいさつ

理事長あいさつ

地方独立行政法人加古川市民病院機構 理事長
加古川中央市民病院 院長
大西 祥男

 平成23年4月、加古川市民病院と神鋼加古川病院とが統合し、地方独立行政法人 加古川市民病院機構が設立され、平成28年7月1日に新統合病院 加古川中央市民病院が開院しました。この間、地域の皆さまには、地域医療の充実に対して深いご理解とご協力をいただきました事、改めて厚く感謝申し上げます。

加古川中央市民病院は、600床、31診療科を有する急性期総合病院です。
病院の理念を「いのちの誕生から生涯にわたって、地域住民の健康を支え、頼られる病院であり続けます」としています。加古川市民病院の特徴であった小児ならびに周産期医療と神鋼加古川病院の特徴であった循環器領域、歯科口腔外科領域の診療を引き継ぎ、従来の医療機器に加えて、新たに内視鏡下手術支援ロボットのダビンチやマグネティックナビゲーションシステムなどの多くの新しい機器を導入し、低侵襲でより安全な医療を提供しています。また、消化器センター、心臓血管センター、こどもセンター、周産母子センター、がん集学的治療センターの5大センターを中心に多くの診療科の連携を強化し、その総合力で救急医療を実践しています。
また、小児在宅医療支援センター、健康増進・ヘルスケアセンター、教育支援センター、臨床研究・治験センターなども整備致しました。新病院の病棟やエレベーター配置では効率性、機能性に配慮し、屋上庭園や病棟内の光庭、銅版画家として有名な山本容子さんの大型壁画など癒される環境整備にも力をいれています。

加古川中央市民病院は地域医療構想における高度急性期・急性期を担う病院として、地域の医療機関や訪問看護ステーション、介護施設など医療・介護施設との連携を強化し、この地域における地域完結型医療、地域包括ケアシステムの構築に向けてその役割を果たしてまいります。
 「加古川中央市民病院があるから安心して暮らせる」と言っていただけるように、職員一同、より一層努力してまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。