ホーム > 各科・センター・部門 > 小児科

小児科


診療科の特徴

小児科のご紹介

当院小児科は、東播磨地域におけるこどもの健康を守る基幹施設として、予防接種・乳児健診といった健康管理から小児救急、慢性疾患、周産期医療にいたるまでのさまざまな小児医療に取り組んでいます。
小児一般病棟(こどもセンター)は56床の病床を持ち、成長過程にある小児の専門医療や24時間の二次救急医療に対応しています。
周産母子センター(新生児部門)はNICU15床、GCU30床の計45床を持ち、地域周産期母子医療センターとして24時間体制で新生児の入院を受け入れて高度集中治療を行っています。
また、当院はWHO/UNICEFより「赤ちゃんにやさしい病院」に認定されており、産科や院内各部門とも連携し母乳育児をはじめとする育児支援活動にも力を入れています。

 

主任科部長のご挨拶

当院の小児科は地域の小児医療センターとして、いのちの始まりから成人に至るまでこどもたちの成長に応じた総合的な医療を提供しています。小児二次救急や高度な専門医療、重症新生児の受け入れ体制などをしっかり整備し、どんなときでも地域の皆さまに頼っていただける小児科を目指しています。医師、看護師、臨床心理士などさまざまな職種のスタッフがチームとして連携し、こどもたちとそのご家族が最良の環境の中で安心して医療を受けていただけるように努めます。

院長補佐(兼) こどもセンター長(兼) 小児科 主任科部長
米谷 昌彦


診療可能疾患、診療実績

外来患者数

  2016年 2017年 2018年 2019年
総外来患者数 36,041 36,752 35,101
時間内外来患者数 30,701 32,710 33,126 32,447
時間外(夜間・休日)外来患者数 3,435 3,331 3,626 3,708
救急車搬送受け入れ件数 1,371 1,961 2,051 2,112
新生児専用救急車搬送受け入れ件数 85 60 87 74

入院患者数(NICU・GCUを除く)

  2016年 2017年 2018年 2019年
総入院患者数(実人数) 3,167 3,235 3,225 3,268

主な入院疾患

  2016年 2017年 2018年 2019年
肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎 824 962 849 874
気管支喘息 265 295 262 247
食物アレルギー 299 321 317 390
急性胃腸炎 ・ 腸管感染症 386 313 303 283
けいれん性疾患 214 185 291 211
腎・尿路感染症 73 104 124 109
川崎病 64 64 84 105
脳脊髄の感染を伴う炎症 33 16 19 14
循環器疾患(先天性心疾患、不整脈等) 24 35 36 47
腸重積 20 14 23 27

NICU・GCU入院患者数

  2016年 2017年 2018年 2019年
新生児入院患者数(実人数) 789 748 735 633
出生体重 ~1,000g 23 17 10 16
出生体重 1,000g~1,499g 15 30 24 19
出生体重 1,500g~2,499g 252 213 235 185
出生体重 2,500g~ 499 488 466 412
院外搬送入院数 150 100 104 117

 

  2019年
人工呼吸管理症例(n-CPAPを除く) 130例
新生児救急車搬送件数 93例
新生児手術症例 12例

小児神経疾患

対応可能疾患

慢性疾患
てんかんなど発作性疾患、発達障害、心身症、重症心身障碍児、先天異常(染色体・代謝)、周産期異常(新生児低酸素性虚血性脳症、低血糖性脳症など)筋・末梢神経疾患、不随意運動
急性疾患
急性脳炎・脳症、各種発作性疾患

診療実績

入院(2016年7月~2017年3月)
新規発症として、急性脳炎・脳症3人、代謝性脳症2人、非ヘルペス性辺縁系脳炎2人、ADEM2人、視神経脊髄炎2人、ナルコレプシー1人。
外来
てんかん:200人
 (結節性硬化症、Sturge-Weber症候群、Dravet症候群、点頭てんかん・早期ミオクロニー脳症などてんかん性脳症、脳形成異常・4p-症候群など先天性疾患)
発達障害:150人
 (ADHD:75人、自閉スペクトラム症:35人、学習障害:40人)
重症心身障碍児:25人
 (新生児低酸素性虚血性脳症、低血糖性脳症、交通外傷後、)
希少疾患:20人
 (小児交互性片麻痺、先天性中枢性低換気症候群、Leigh脳症などミトコンドリア異常症、、重症筋無力症など)
脳炎・脳症後:15人
 (HHV6脳炎、ヘルペス脳炎、非ヘルペス性辺縁系脳炎、日本脳炎、ワクチン関連脳炎など)
不登校:15人
心身症・頭痛その他:50人
検査(2016年7月~2017年3月)
外来脳波約400件、入院脳波約100件(発作時を評価する脳波を心がけています)
3T-MRI、PET、SPECT
ヘッドアップティルト試験、筋電図・神経伝導速度、睡眠ポリグラフィなど

小児腎疾患 小児膠原病

対応可能疾患

ネフローゼ症候群
 (ステロイド抵抗性、頻回再発型、ステロイド依存性、先天性/乳児ネフローゼ)
慢性腎臓病
 (保存腎不全、末期腎不全):腹膜透析
急性腎炎(感染後糸球体腎炎)/急性腎障害(典型/非典型溶血性尿毒症症候群):急性血液浄化
・慢性腎炎
 (IgA腎症、紫斑病性腎炎、膜性腎症、膜性増殖性糸球体腎炎)
先天性腎尿路異常
 (低形成/異形成腎、ネフロン癆、常染色体優性/劣性多発性嚢胞腎、多嚢胞性異形成腎、水腎症、膀胱尿管逆流症)
遺伝性腎疾患
 (Alport症候群、Bartter/Gitelman症候群、Dent病、Lowe症候群)
膠原病
 (全身性エリテマトーデス、若年性特発性関節炎)


診療実績

  2019年
入院
腎生検 8例
新規ネフローゼ症候群 1例
全身性エリテマトーデス 1例
難治性ネフローゼ症候群(リツキシマブ投与) 2例
外来
ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群 2例
頻回再発型/ステロイド依存性ネフローゼ症候群 10例
非頻回再発型ネフローゼ症候群 16例
慢性腎臓病(CKD stage3以上) 3例
IgA腎症 4例
紫斑病性腎炎 16例
常染色体優性多発性嚢胞腎 3例
多嚢胞性胃形成腎 9例
Alport症候群 1例
Dent病 1例
尿細管性アシドーシス 3例
全身性エリテマトーデス 2例
非典型溶血性尿毒症症候群 1例

小児アレルギー疾患

対応可能疾患

食物アレルギー

外来と入院で食物負荷試験を行っています。

除去が必要な場合、栄養士による栄養指導も行っています。

気管支喘息

重症例に対して生物学的製剤を投与します。

入院中の患者さんに対して喘息教室を行っています。

アレルギー性鼻炎

舌下免疫療法

皮下免疫療法

アトピー性皮膚炎
蕁麻疹
薬剤アレルギー

外来と入院で皮膚検査・誘発試験を行っています。

新生児・乳児食物蛋白誘発胃腸症

診療実績(入院)

  2019年
食物負荷試験 216人
喘息教室 66人
薬剤負荷試験 3人
スキンケア指導 7人


小児内分泌・代謝疾患

診療実績

  2019年
成長ホルモン治療
 成長ホルモン分泌不全性低身長症 53人
 SGA性低身長症 37人
 プラダー・ウィリー症候群 4人
 ターナー女性 2人
 軟骨無形成/低形成症 4人
 ヌーナン症候群 1人
1型糖尿病 29人
2型糖尿病 1人
甲状腺機能低下症
 先天性 35人
 橋本病 9人
バセドウ病 13人
先天性副腎過形成 4人
副腎皮質機能低下症 1人
中枢性尿崩症 1人

小児循環器疾患

対応可能疾患

・先天性心疾患
・不整脈
・心筋症
・肺高血圧症
・胎児心疾患(胎児心臓超音波検査専門施設)→産婦人科
 

診療実績 (2017年度)

新患(入院・外来 含む)
・先天性心疾患      
 心室中隔欠損、心房中隔欠損、動脈管開存症、弁膜症、ファロー四徴症、両大血管右室起始、 房室中隔欠損、大動脈縮窄・大動脈弓離断、三心房心、重複大動脈弓、エプスタイン奇形、 完全大血管奇形、総肺静脈還流異常、冠動脈瘻    
・不整脈      
 上室性期外収縮、心室性期外収縮、上室頻拍、心室頻拍、房室ブロック、WPW症候群 QT延長症候群、Brugada症候群   
・心筋症      
 肥大型心筋症、拡張型心筋症、左室緻密化障害    
・肺高血圧症    
・胎児心疾患
入院:67人
・先天性心疾患:33人
・不整脈:8人
・心筋症・心筋炎:2人
・心不全、他:2人
・検査入院(心臓カテーテルetc):22人
外来:初診 166人、再診2633人
新患内訳(*機能性心雑音や末梢性肺動脈狭窄、卵円孔開存は除く)
・先天性心疾患(術後含む):87人
・不整脈:29人
・心筋症:6人
・肺高血圧:2人
・川崎病冠動脈瘤:2人
・胎児心臓外来(産婦人科外来にて):40人
検査 (入院検査含む)
・心エコー検査:2322件(*技師エコーを除く)
・運動負荷心電図(トレッドミル、エルゴメーター、CPX):44件 (*マスター負荷心電図除く)
・ホルター心電図:122件
・心臓MRI検査:14件
・心臓カテーテル検査:16件
・心臓カテーテル治療:3件
・胎児心エコー検査(レベルⅡ):61件
先天性心疾患 心臓手術 (15歳以下):43件(*心臓外科入院含む)

小児気道疾患

対応可能疾患

・新生児~小児の先天性・後天性気道病変全般

・気管切開児、在宅人工呼吸器患者のフォローアップ

診療実績

入院(2017年4月~2019年3月)
軟性気管支鏡検査:193件(2017年度:79件、2018年度:114件)
外来(2017年4月~2019年3月)
軟性気管支鏡検査(主に気管切開児):年間約120件
疾患名 2017年度 2018年度
咽頭病変 後天性咽頭狭窄(神経筋疾患、舌根沈下、アデノイド肥大など) 17 17
先天性咽頭狭窄(顔面奇形など) 1 2
舌根部嚢胞 1 4
喉頭病変 喉頭浮腫 6 4
喉頭軟化症 5 8
声帯・声門下病変 声帯麻痺 2 1
声門下狭窄 1 1
下気道病変 気管気管支軟化症 17 7
気管・気管支狭窄 1 3

スタッフ紹介

米谷 昌彦(よねたに まさひこ)

役職院長補佐
(兼)小児在宅医療支援センター長
(兼)こどもセンター長
(兼)小児科 主任科部長
専門分野一般小児疾患
新生児疾患
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医
日本小児科学会代議員
日本周産期・新生児医学会暫定指導医
日本周産期・新生児医学会
 新生児蘇生法「専門(A)コース」インストラクター
日本新生児成育医学会評議員
兵庫県小児科医会理事
厚生労働省認定臨床研修指導医
神戸大学医学部臨床教授
医学博士

森沢 猛(もりさわ たけし)

役職周産母子センター 副センター長
(兼)小児科 科部長
専門分野新生児疾患
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会専門医
日本周産期・新生児医学会
新生児蘇生法「専門(A)コース」インストラクター
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

西山 敦史(にしやま あつし)

役職こどもセンター 副センター長
(兼)移行期医療調整室長
(兼)小児科 科部長
(兼)遺伝子診療部副部長
専門分野一般小児疾患
代謝疾患
内分泌疾患
在宅医療
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本小児救急医学会SIメンバー
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

親里 嘉展(おやざと よしのぶ)

役職小児科 科部長
(兼)小児在宅医療支援センター 小児在宅医療支援室長
専門分野一般小児疾患
小児神経疾患
てんかん
在宅医療
学会専門医・認定医日本小児科学会専門医・指導医
日本小児神経学会小児神経専門医
日本てんかん学会専門医・評議員
迷走神経刺激療法資格認定医
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

高寺 明弘(たかてら あきひろ)

役職小児科 科副部長
専門分野新生児疾患
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(新生児)
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門(Aコース)インストラクター
日本新生児成育医学会評議員
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

沖田 空(おきた そら)

役職小児科 医長
専門分野一般小児疾患
小児神経疾患
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医
日本小児神経学会小児神経専門医

橋本 総子(はしもと ふさこ)

役職小児科 医長
専門分野一般小児疾患
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本アレルギー学会アレルギー専門医(小児科)
医学博士

平田 量子(ひらた りょうこ)

役職小児科 医長
専門分野一般小児疾患
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本アレルギー学会アレルギー専門医(小児科)

中尻 智史(なかじり ともし)

役職小児科 医長
専門分野一般小児疾患
小児神経疾患
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医
PALSプロバイダー

小寺 孝幸(こでら たかゆき)

役職小児科 医長
専門分野小児科新生児
小児科呼吸器
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(新生児)
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター

金川 温子(かながわ あつこ)

役職小児科 医長
専門分野一般小児疾患
小児神経疾患
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医
日本小児神経学会小児神経専門医

松本 和德(まつもと かずのり)

役職小児科 医長
専門分野小児疾患全般
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会
 新生児蘇生法「専門(A)コース」インストラクター

藤村 順也(ふじむら じゅんや)

役職小児科 医長
専門分野一般小児疾患
小児腎臓疾患
学会専門医・認定医日本小児科学会小児科専門医
日本小児感染症学会認定医
日本小児腎臓病学会代議員
厚生労働省認定臨床研修指導医
医学博士

呉 東祐(ご とうゆう)

役職小児科 医師
専門分野小児科全般
学会専門医・認定医

上田 拓耶(うえだ たくや)

役職小児科 専攻医
専門分野小児疾患全般
学会専門医・認定医日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法「専門(A)コース」インストラクター

金谷 真吾(かなたに しんご)

役職小児科 専攻医
専門分野小児疾患全般
学会専門医・認定医

遠藤 理紗(えんどう りさ)

役職小児科 専攻医
専門分野小児疾患全般
学会専門医・認定医

増田 祐(ますだ ゆう)

役職小児科 専攻医
専門分野小児疾患全般
学会専門医・認定医

伊藤 立人(いとう たつひと)

役職小児科 専攻医
専門分野小児疾患全般
学会専門医・認定医

宇保 早希子(うほ さきこ)

役職小児科 専攻医
専門分野小児疾患全般
学会専門医・認定医

溝口 智子(みぞぐち ともこ)

役職小児科 専攻医
専門分野小児疾患全般
学会専門医・認定医

相馬 健人(そうま けんと)

役職小児科 専攻医
専門分野小児疾患全般
学会専門医・認定医

吉岡 慶太(よしおか けいた)

役職小児科 専攻医
専門分野小児疾患全般
学会専門医・認定医

今川 幸人(いまがわ ゆきひと)

役職小児科 専攻医
専門分野小児疾患全般
学会専門医・認定医

外来担当医表

外来診療日程につきましては、下記をご参照ください。


地域医療機関の先生方へ

当院小児科は、東播磨地域において子どもたちの健康を守るための基幹医療施設として専門的かつ高度な小児医療に取り組んできました。小児科の診療は一般小児部門と新生児部門に分れていますが、お互いに連携しながら、また院内関連診療科とも協力しあって総合的な小児医療体制を提供しています。今年度より循環器部門は小児循環器内科を標榜するようになりました。小児病棟はこどもセンターとして56床の病床を有し、小児に対するさまざまな高度専門医療や日々の二次救急診療に対応しています。周産母子センター新生児部門はNICU15床とGCU30床の病床をもち、24時間体制で院内はもとより東播磨・北播磨地域より重症な新生児の入院を受入れて集中治療を行っています。これからも地域の医療機関の先生方と十分な連携を図りながら、こどもたちに最善の医療が提供できるように努めてまいります。


患者・家族の皆様へ

母乳育児サークルについて

当院で出産されたママと赤ちゃんを対象に、育児に関する情報を共有したり、不安や疑問を解消したり、参加者で楽しい時間を過ごす場を提供します。離乳食、遊び、歯磨きなど楽しいテーマを準備して、皆さんのご参加をスタッフ一同お待ちしております。

外来受診について

  • ・小児科外来では、一般小児外来(平日午前)と専門外来(平日午前/午後、完全予約制)を行っています。
  • ・午前外来の受付時間は当日午前8時~午前11時(月曜日~金曜日)となっています。
  • ・午後外来は予約患者さまのみ対応しています。
  • ・午後は一般小児外来を行っておりませんので御注意下さい。

救急受診について

  • ・当院では、入院治療や手術などに対応できる二次救急医療機関として、重症度の高い患者さまを優先して時間外救急診療を行っており、原則として救急車により搬送された患者さま、他の医療機関から紹介された患者さまが対象となります。
  • ・休日や夜間および平日午前における上記以外の救急患者さまにつきましては、近隣の小児科または夜間急病センターなどでの受診をお願いいたします。
  • ・直接来院される前に、必ず電話でお問い合わせくださるようお願いします。救急医療を円滑に行うため、看護師が患者さまの症状についてお聞きし対応いたします。
  • ・救急外来では、応急処置の対応となるため、次の平日外来日までのお薬しか原則としてお出しすることができません。

かかりつけ医について

当院では、かかりつけ医を作っていただくことをお勧めしております。
お子様の具合が悪くなった時には、まずかかりつけ医の先生に診ていただき、検査や入院等が必要な場合に当院へご紹介いただければより円滑な診療を提供することができます。


専門外来

アレルギー外来(担当;橋本、平田、松本) 要予約
 月曜日午前、火曜日午後、木曜日午前/午後、金曜日午後
腎外来(担当;藤村) 要予約
 火曜日午後、木曜日午後
内分泌・代謝外来(担当;西山) 要予約
 月曜日午後(内分泌)、水曜日午後(代謝)
在宅外来(担当;西山) 要予約
 金曜日午後(内分泌)
神経外来(担当;親里、沖田、中尻、金川) 要予約
 月曜日午後、火曜日午前/午後、水曜日午後、木曜日午後、金曜日午後
循環器外来(担当;佐藤、上村) 要予約(午後も初診対応あり)
 月曜日午前、火曜日午前/午後、木曜日午前、金曜日午前/午後
 ※胎児心臓外来(月曜午前、産科外来にて)
フォローアップ外来(担当;米谷、森沢、高寺、小寺、山名) 要予約
 月曜日午後、火曜日午後、水曜日午後、木曜日午後、金曜日午後
血液外来(担当;植村)
 第1,3水曜日午後
気道外来(担当;小寺)
 月曜日午後
乳児健診
 水曜日午後
予防接種/シナジス
 木曜日午後(シナジスは毎年8月から翌年3月まで)

研究

治験の実施について

現在、当院で行っている治験はありません。

臨床研究について


施設認定

日本小児科学会
  小児科専門医研修支援施設
日本周産期・新生児学会
  周産期専門医(新生児)暫定研修施設
日本小児神経学会
  小児神経専門医研修認定施設
日本胎児心臓病学会
  胎児心臓超音波検査専門施設

 

カンファレンス

総合

小児科全体
 症例検討会;火曜日7時半~
 カンファレンス;金曜日8時~
こどもセンター
 モーニングカンファレンス;毎日8時半~
 抄読会;火曜日18時~
 病棟カンファレンス;火曜日、木曜日17時~
 主任科部長回診;水曜日9時半~
周産期母子センター(NICU、GCU)
 病棟回診;火曜日、木曜日、金曜日8時半~
 抄読会;月曜日8時~
 病棟カンファレンス;月曜日11時~
 主任科部長回診;水曜日8時半~

各グループ

アレルギーグループ
 アレルギーカンファレンス;水曜日14時~
循環器グループ
 循環器カンファレンス;水曜日13時~
神経グループ
 ベビー神経カンファレンス;火曜日10時~
 神経カンファレンス;水曜日11時~

小児科研修について

・当院は神戸大学附属病院小児科の関連研修施設となっています。
・当院は小児科専門医の研修支援施設に認定されています。
・小児科研修についてのご質問は、小児科 米谷までご連絡下さい。個別に、内容と待遇についてご説明させて頂きます。また、当院初期臨床研修医/後期研修医募集HPもご覧ください。
・またあわせて、神戸大学小児科研修プログラムのHPもご覧下さい。




▲ページトップへ