ホーム > 当院について > 輸血機能評価認定制度(I&A)認証病院

輸血機能評価認定制度(I&A)認証病院

輸血機能評価認定(I&A)について

 

 


 加古川中央市民病院は、一般社団法人日本輸血・細胞治療学会より輸血機能評価認定制度(I&A)認証病院として認定を受けています。

 

 輸血機能評価認定制度(I&A)とは、各施設が適切な輸血管理が行われているかを第三者によって点検(inspection)し、認証(accreditation)することで、輸血療法の安全性を保障するものです。


 輸血医療は、改正薬事法、血液新法により大きく変化し、安全の保証と適正使用が求められています。 厚生労働省からは、「輸血療法の実施に関する指針」、「血液製剤の使用指針」、「血液製剤保管管理マニュアル」、「自己血輸血:採血および保管管理マニュアル」などが公布されています。 これらのマニュアルに従って、各施設で安全かつ有効な輸血療法が実施されることが期待されています。

 

 輸血療法を行うために、整備しなければならない施設認定基準を満たしていると認められれば、認定証(輸血機能評価認定施設)が発行されます。

 

当院を受診される方へ

 当院は、輸血の適応を適切に判断し、かつ施設全体で安全な輸血管理に取り組んでいます。また当院には、日本輸血・細胞治療学会により認定を受けた輸血認定医、看護師、検査技師が在籍しております。ご相談ください。

 

地域の医療機関の方へ

 地域の基幹病院として、輸血が必要な患者さんを安心してご紹介いただけるように努めます。また在宅輸血の推進にも取り組んでおり、在宅あるいは医院での輸血に関心のある先生方はご連絡下さい。地域全体で、安全な輸血療法が行える体制の構築に貢献いたします。

 

医療従事者の方へ

 当院は、日本輸血・細胞治療学会認定医・学会認定臨床輸血看護師・認定輸血検査技師の研修指定施設です。適切な輸血療法を行うためには、十分な知識に基づいた的確な判断力や技術が必要とされます。輸血に関する正しい知識と技術をもち、輸血の安全性の向上に寄与することができる医療人を育成しています。


▲ページトップへ