ホーム  >  診療科・部門一覧  >  眼科

眼科


診療科の特徴

現在当科は東播磨地区の基幹病院として様々な疾患に対応しております。スタッフは常勤医師5名、非常勤医師4名、視能訓練士6名、看護師・医療クラークとなっております。外来には中央手術室に準じた小規模ですがクリーンルームが設置されており、手術用顕微鏡・患者ベッド等も備えておりますので、硝子体注射を含めた処置、小手術に迅速に対応可能となっております。

また、眼科手術はますます小切開手術化がすすみ、入院期間もより短期間に設定しております。通常の白内障手術は2泊3日。また、高齢者の場合には入院による転倒等のリスクを軽減するため1泊2日入院で対応し、硝子体手術は疾患により5日~13日となっております。小児疾患・緊急疾患もすべて対応し治療にあたっています。


診療可能疾患

小児一般(未熟児網膜症含む)
斜視手術
白内障(日帰り手術・入院手術・全身麻酔対応可)
網膜硝子体疾患
緑内障
涙嚢疾患(内視鏡は不可)
加齢黄斑変性症等の抗VEGF治療・PDT治療 
眼瞼疾患(腫瘍・内反症・眼瞼下垂(程度により対応可能))
眼瞼痙攣に対するボトックス治療

診療実績


    2017年 2018年
白内障 PEA+IOL(PEA) 1,288 1,426
眼内レンズ縫着 24 34
緑内障 濾過手術(Lectomy) 40 44
流出路再建(Lotomy) 14 26
濾過胞再建 11 19
虹彩切除 3 1
網膜硝子体 硝子体手術
289
287
うち増殖硝子体手術 5 8
網膜復位術 8 13
眼瞼 眼瞼下垂手術 34 30
眼瞼内反症手術 19 23
涙道 内視鏡を使用したチューブ挿入術 15 40
涙嚢鼻腔吻合(DCR鼻外法) 2 10
その他 ボトックス治療 43 41
抗VEGF硝子体注射 1,545 1,678
光線力学療法(PDT) 28 38
斜視手術 47 86

スタッフ紹介

原 ルミ子(はら るみこ)

役職 眼科 主任科部長
専門分野 眼科一般
網膜硝子体疾患
緑内障
涙道
学会専門医・認定医 日本眼科学会眼科専門医
眼科PDT講習会修了認定医
ボトックス講習・実技セミナー修了医
視覚障害者用補装具等適合判定医師
厚生労働省認定臨床研修指導医
神戸大学医学部臨床教授             
医学博士

大西 健(おおにし けん)

役職 眼科 医長
専門分野 眼科一般
網膜硝子体疾患
涙道・眼形成外科
学会専門医・認定医 日本眼科学会眼科専門医

前田 祥史(まえだ よしふみ)

役職 眼科 医長
専門分野 眼科一般
網膜硝子体
学会専門医・認定医 日本眼科学会眼科専門医
ボトックス講習・実技セミナー修了医

曽谷 育之(そたに やすゆき)

役職 眼科 専攻医
専門分野 眼科一般 
学会専門医・認定医 ボトックス講習・実技セミナー修了医 

牧 仁美(まき ひとみ)

役職 眼科 専攻医
専門分野 眼科一般
学会専門医・認定医  

外来担当医表

外来診療日程につきましては、下記をご参照ください。

診察室番号
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
15-1
(病診)
藤岡 石川(久)
田岡
(病診)

(病診)
15-2 大西 大西
(病診)
藤岡
大西
藤岡
15-3 辰巳 辰巳
下川(第4)
石川(久) 曽谷(育)
15-4 前田(祥) 田岡
前田(祥) 曽谷(育) 前田(祥)
病診
前田(祥)
    特殊検査
レーザー
  硝子体注射   硝子体注射   特殊検査
レーザー
  特殊検査
レーザー

地域医療機関の先生方へ

1.2018年度は多焦点眼内レンズを導入し、お陰様で10症例の手術を終えることが出来ました。2019年度には先進医療の申請を行う予定です。先進医療特約付きの生命保険にご加入で白内障手術をご検討の場合には御紹介ください。
2.通常の緑内障手術に加え、バルベルト並びにアーメドインプラント手術も開始しました。血管新生緑内障、複数回の手術により結膜が瘢痕化した症例などより難治な緑内障手術にも対応致します。
3.広角眼底撮影装置を導入予定です(器械の認可が遅れており、当初の予定より導入時期が遅くなっています)。患者さんの負担が少なく、より高画質での撮影が可能な機器です。糖尿病はじめ多くの眼底疾患の診断、治療に役立つと期待しています。
 引き続き緊急疾患は迅速に受け入れ、地域の基幹病院としての役割を担ってまいりますので、本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。


専門外来

小児・斜視外来・・・月曜日午後(予約のみ)
コンタクトレンズ外来・・・月曜午後(予約のみ)
糖尿病外来・・・火曜日(予約のみ)