ホーム  >  看護部  >  教育と研修  >  新人教育

新人教育

プロとしての確かな技術と知識、そして意識が育つ教育環境がここにあります。 


新人研修目的

  • 組織人として、職場に適応できる。
  • 新人看護職員が正確かつ安全に看護実践ができる。

新人研修目標

  • 職場の雰囲気や勤務体制に慣れる。
  • 職業人としての態度を身につける
  • 看護の基本的知識と看護技術が段階的に習得できる
  • 良きチーム員としてのメンバーシップがとれる
  行動計画  到達目標
4月 ・日勤業務のみ。定時に業務終了とする。
*前半OJT技術研修
*後半シャドー研修
・病院内の各単位の位置関係、物品の場所、連携する人、場所が分かる。
・病棟で必要な優先度の高い基本的技術・知識を身につける。
・病棟での1日の流れが分かる。
5月 前半先輩スタッフと一緒に1~2名程度の患者を受け持つ
・後半は3~4人が持てるようにしていく。
・最終週には夜勤シャドー研修開始。
(3回夜勤シャドーを入れる)
職場に慣れ元気に出勤できる。
・一人の患者のケアが安全・確実に行える。
・夜勤までに必要な看護技術が習得できる。
6月 夜勤業務開始 職場で必要な実践能力を身につける。
・夜勤に必要な実践能力を身につける。
・日勤業務のみ。定時に業務終了とする。
7月

9月
看護技術の習得状況に合わせて、患者の受け持ち数・重症度を考慮する。
10月

11月
看護の素晴らしさ、楽しさを実感できる。
・複数の患者を受け持ち多重課題が解決できる。
・経験を通して学び振り返り、自己学習できる。
12月

2月
指導を受けながら、報告・連絡・相談を行い一人で業務を行う。 受け持ち患者を持ち、看護計画、評価、修正ができる。
・日勤業務のみ。定時に業務終了とする。
3月 臨床実践能力を身につけ、多重課題を抱えながら安全・確実なケアが実践できる。