ホーム  >  看護部  >  病棟・部署の紹介  >  看護管理部門

看護管理部門

看護部管理室

 看護部管理室では、副院長兼看護部長の方針のもと副看護部長4名が、総務・教育・業務・患者支援センターを担当しています。
 総務担当は、看護職員の採用・人員配置や育休復帰者などの面談や労務管理などを担当しています。教育担当は、豊かな人間性と倫理観を身につけ、看護ができる人材育成の教育支援を推進しています。業務担当は、安全な療養環境と職場環境が提供できるよう業務内容の整備及び他職種との協働体制が円滑に出来るよう支援しています。患者支援センター担当は、当院を受診される患者さんが安心して医療を受けられるよう、外来・入院から退院までの連携体制を整備すると共に効率的な病床管理が行えるよう支援しています。
 また、私たちは、各看護師長をサポートし、現場の看護管理がうまく機能するよう調整していき、地域支援病院としての役割が果たせるよう支援しています。

看護教育支援室

 看護教育支援室には、3名の教育専従がおり、看護実践能力のサポートを行うために、看護部内を横断的に活動しています。豊かな人間性と倫理観を身につけ、地域住民の信頼に応えられる看護職員の育成を目指し、新人看護研修やクリニカル・ラダーを導入し、研修を提供しています。病院見学も担当していますので、私たちと一緒に働いてみたいと思われる方は、どうぞ気軽に見学にいらしてください。

教育担当師長 岡野 由美子


看護実践支援室

 当院では多領域に渡って多くの専門看護師と認定看護師が、外来や病棟に所属して活躍しています。
 その中でも看護実践支援室は、特定の部署に所属せず組織横断的に外来や病棟で実践している専門看護師と認定看護師が常駐している部屋です。
 ここでは各領域それぞれの専門性を活かして専門看護師や認定看護師同士で看護の質の向上のために議論したり、病棟や外来の臨床看護師の個人の実践能力の習得支援を行い、病院全体の看護師を日々支援し、質の向上に貢献しています。


医療情報・記録担当

 電子カルテの不具合や問い合わせに対して関連部門と連携し、問題解決のためのシステム変更や再構築などを検討しています。また、看護記録や看護必要度評価の監査を行い、看護記録の検討と管理を行っています。その他、業務改善や看護の質向上に向けた取り組みのため、看護管理に必要なデータを収集し活用できるよう支援しています。看護業務の効率化や、安全な看護が提供できる看護支援システムの構築を目指し活動しています。

医療情報・記録担当師長 吉田 由恵