ホーム  >  看護部  >  病棟・部署の紹介  >  外来部門

外来部門

外来

 外来診療部は、診療科が多岐に渡っています。その中で看護師は、複数の診療科で外来看護が実践できるよう日々学習・研修を重ねています。
 また、メディカルアシスタント・クラークなど多職種と密に連携を図り、患者さんやご家族が安心して診療が受けられるよう日々頑張っています。
 看護においては、専門領域の認定看護師と共に連携してフットケア外来、ストマ外来、禁煙外来、リンパ浮腫外来を実践し、看護の質の向上に努めています。
 当院を受診される患者さんが、住み慣れた地域で自分らしく生活が送れるよう、その人に合わせた指導を心掛け、取り組んでいます。

外来師長 西田 成美


外来(化学療法室、放射線科、中央処置室)

 中央処置室、通院治療室、放射線室での看護を実践しています。
 当部署は、外来に来られた患者さんの点滴、検査を実施する場所であり、診療科が多岐に渡るため、看護師一人一人の知識・技術の向上が求められます。通院治療室は、がん化学療法看護認定看護師を中心として患者さんの日常生活を支援し、外来で化学療法を受ける患者さんが安心して化学療法を受けていただけるよう取り組んでいます。放射線室看護師は、患者さんがCT、MRI、PETなどの検査を安心して受けられるように関わり、がん放射線療法看護認定看護師は、治療を受けられる患者さんやご家族の身体面・心理面・社会面の個別的なケアを実践しています。
 どの部署も専門性が高く、日々自己研鑽を行いながら、質の高い看護に取り組んでいます。

外来師長 岸田 美春

化学療法室


放射線科


中央処置室


外来(救急外来、光学、カテ)

 救急室・血管造影室・光学診療室の3つのチームに分かれ、小児科・循環器科をはじめ、様々な救急患者の受け入れを行っています。また、24時間365日、血管造影検査・カテーテル治療・内視鏡治療が行える体制をとり、緊急症例に対応しています。
 安全で質の高い急性期看護を実践していくために、個々のアセスメント能力、判断能力、特殊技術力を高めるとともに、救急搬入・緊急治療を受ける患者さんやご家族の不安や戸惑いを、少しでも軽減できるような看護を心がけています。
 日々研鑚し、医師・救急救命士・臨床工学士・放射線技師の方々と良好なコミュニケーションをとり、多職種で協働していきたいと考えています。

外来師長 伊藤 美喜