ホーム  >  診療科・部門一覧  >  歯科口腔外科

歯科口腔外科


診療科の特徴

東播磨地域における口腔外科疾患を専門に受け持つ2次医療機関です。地域歯科医師会の先生方と緊密な連携を行い、かかりつけ歯科では対応困難な顎口腔領域の疾患に対して紹介を頂き診断・治療を行っております。従いまして一般的な歯科治療は行っておらず、かかりつけ歯科医院でお願いをしております。

当科で扱う疾患としては、埋伏している親知らずの抜歯、あごの骨折、口腔癌、虫歯や歯周病からの感染による重症歯性感染症、あごの中にできる膿の袋や良性腫瘍、基礎疾患(例えば心疾患、脳梗塞などにより血が止まりにくくする薬を内服している。)を持つ患者さんの有病者歯科医療などです。

地域における連携としては、加古川歯科保健センターの後方支援病院として、障がい児(者)歯科治療に参画をしております。センターでの治療が困難な方の日帰りでの全身麻酔下での治療を行っております。

平成24年度に導入された周術期口腔機能管理につきましては、心臓血管外科・癌の手術前後、放射線・抗がん剤治療を行う際に、術前に口腔ケアや感染源となる歯の抜歯などを行うことによる、医科主治医との連携のもと治療リスクの軽減に努めております。

今後も地域の歯科医師会、医師会の先生方との連携のもと、全身状態の把握を行い、安心安全な治療を行うとともに、地域の先生方への橋渡し役として、頑張ってまいります。


診療可能疾患

顎骨良性腫瘍
歯性感染症
嚢胞(膿の袋)
口腔癌
顎顔面外傷・顎骨骨折
顎変形症
顎関節疾患
口腔粘膜疾患
唾液腺疾患
有病者歯科医療

疾患別入院患者数

年  度 2014 2015 2016 2017
炎症 59(30) 83(41) 71(21) 90(36)
嚢胞 130(130) 188(188) 152(152) 216(216)
外傷 30(15) 38(28) 31(21) 35(26)
悪性腫瘍 45(44) 32(23) 17(15) 3(3)
良性腫瘍 13(12) 35(34) 20(20) 23(23)
顎変形症 3(3) 1(1) 2(2) 0(0)
粘膜疾患 15(1) 10(8) 8(3) 11(8)
有病者・障害者 277(14) 262(5) 252(6) 297(12)
その他 109(113) 124(120) 127(124) 192(190)
インプラント 2(2) 0 2(2) 1(0)
683(364) 773(448) 682(369) 868(516)

※ ( )内は全麻症例


スタッフ紹介

橘 進彰(たちばな あきら)

役職 歯科口腔外科 主任科部長
(兼)口腔管理室長
専門分野 歯科口腔外科一般
学会専門医・認定医 日本口腔外科学会専門医・指導医
日本障害者歯科学会認定医・指導医
日本顎顔面インプラント学会指導医
日本がん治療認定医機構認定医(歯科口腔外科)
日本がん治療認定医機構暫定教育医(歯科口腔外科)
日本口腔感染症学会理事
兵庫県病院歯科医会理事
厚生労働省認定歯科臨床研修指導医
医学博士

髙田 直樹(たかた なおき)

役職 歯科口腔外科 医長
専門分野 歯科口腔外科一般
学会専門医・認定医 日本口腔外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)
厚生労働省認定 歯科臨床研修指導医
医学博士

楠元 順哉(くすもと じゅんや)

役職 歯科口腔外科 医長
専門分野 歯科口腔外科一般 
学会専門医・認定医 日本口腔外科学会専門医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定歯科医師 

榎本 由衣(えのもと ゆい)

役職 歯科口腔外科 医師
専門分野 歯科口腔外科一般
学会専門医・認定医 日本レーザー歯学会専門医
日本口腔外科学会認定医
医学博士

岩田 英治(いわた えいじ)

役職 歯科口腔外科 医師
専門分野 歯科口腔外科一般
学会専門医・認定医 日本口腔外科学会認定医

髙井 美玲(たかい みれい)

役職 歯科口腔外科 医師
専門分野 歯科口腔外科一般
学会専門医・認定医  

外来担当医表

外来診療日程につきましては、下記をご参照ください。

 
診察室番号
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
6-1 高田 岩田 高田 長谷川 髙田 高田
6-2 楠元 楠元 榎本   明石 岩田
6-3 岩田 高井 岩田   楠元
6-4 榎本 楠元  
6-5   高井 榎本 高井     榎本 高井
6-6 手術日   手術日       手術日 高井  

地域医療機関の先生方へ

歯科口腔外科は、口腔および顎顔面領域に発症するさまざまな疾患の診断と治療を行っております。対象疾患としては、埋伏智歯、顎骨骨折、口腔に発症する嚢胞および良・悪性腫瘍、重症歯性感染症などがあります。また心疾患や脳血管障害のため抗血栓療法中の患者の抜歯を中心とした外科処置などです。基礎疾患の状態について関連医科主治医への対診を行い、処置後にはかかりつけ歯科へ欠損補綴についての逆紹介を行っております。
医科歯科連携の重要性が言われており,周術期口腔機能管理を中心とした口腔ケア依頼の症例数が増大しています。その他骨吸収抑制薬による顎骨壊死、フレイルにおける口腔の対応など,多職種連携によるチーム医療への歯科の重要性が認識されております。よりよい連携をとり、患者中心の医療連携に努め、診療に従事してまいります。